トップページ > 事業内容

事業内容

事業の特徴について

当社は、1999年に設立後、企業様のニーズ解決を基軸としながら、様々な業務へ取り組んでまいりました。
事業の特徴は以下のとおりです。

  1. 広域TLOの強みを生かし、様々な大学・企業との産学連携/産産連携をコーディネートしながら、企業の課題解決や、イノベーションの実用化を推進しています。
  2. 先端技術の実用化・波及を実現するため、公的支援事業を活用した研究開発プロジェクト、産学連携コンソーシアムの形成など、プロジェクトマネジメントを行なっています。
  3. 市場調査機関と提携し、研究開発プロジェクトに関する市場動向調査/方針策定/出口戦略の立案など、マーケティング支援を行なっています。
  4. 中国・香港・タイに支社を設置し、現地の企業・大学との連携を図りながら、国際共同研究や日本企業の海外販路など国際展開に対してコーディネート支援しています。

当社は、これらのリソース/ノウハウ/ネットワークを最大限活用し、お客様への最適なご提案/経営課題の解決に全力で取り組んでまいります。

これまでの主な実用化実績

高分解能手ブレ計測・補正評価システム(TEVRAIS)

国立大学法人 電気通信大学 西 一樹 准教授が発明した「デジタルカメラの手ブレ補正機能の効果を、3軸上の軌跡で高精度に測定する技術」を元に、国内外のカメラメーカー10社へ技術ライセンスしました。
技術の優秀性もさることながら、斬新なビジネスモデルが評価され、ものづくり連携大賞・日刊工業新聞社賞を受賞しました。
その後、経済産業省・地域イノベーション創出研究開発事業を活用し、次世代機の実用段階に至っています。

赤外線レーザとヒートシンクを用いた熱可塑性樹脂の表面無損傷溶着法

国立大学法人 電気通信大学 黒﨑 晏夫特任教授が発明した「赤外線レーザとヒートシンクを用いて透明な樹脂同士を表面がきれいなまま溶着する技術」を様々な用途で波及させるために、異分野連携の研究開発コンソーシアムを立上げ、運営しています。
複数の研究開発WGを平行して進めるほか、展示会へ積極的に出展し、多くの企業から引き合いをいただいています。

技術・ノウハウを検索する

カテゴリーを選択

技術分野を選択

フリーキーワード

検索したい言語がある場合は入力。
空欄でも検索することができます。

掲載記事のお問い合わせ、技術相談など、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

株式会社キャンパスクリエイト
調布オフィス 担当:須藤 慎

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人 電気通信大学
産学官連携センター内[地図