トップページ > 最新情報 > インバウンド観光×先端テクノロジーが拓く新ビジネス創出セミナー2018のご案内(10/29)

最新情報

インバウンド観光×先端テクノロジーが拓く新ビジネス創出セミナー2018のご案内(10/29)

2018年10月10日

 2018年10月29日(月)、みなとパーク芝浦にて「インバウンド観光×先端テクノロジーが拓く新ビジネス創出セミナー2018」を開催いたします。また、当日午後には「テクノロジーで社会・地域の課題を解決する「CIVIC TECH(シビックテック)」セミナー」を開催いたします。ぜひご参加くださいませ。

20181010130516.png20181010114039.pngパンフレットのダウンロード.pdf

【開催趣旨】

 インバウンド観光市場は発展が続いており、昨今では特に先端テクノロジーに基づく新しいサービスの導入による業界活性化 が注目されています。

 本セミナーでは、AI・IoT・VR・先端的SNS活用・旅マエ/旅ナカ/旅アトを含む情報配信プラットフォーム・オンライン地図プラットフォーム・無料SIMカードの提供と
日本の観光情報発信を組合せたプラットフォームなど先端的なアプリケーションを提供する企業をご紹介し、多様な連携を促進することで新ビジネスの創出を目指します。

【日時】

2018年10月29日(月) 13:00~17:00 交流会:17:15~

【会場】
みなとパーク芝浦 1階リーブラホール(港区芝浦1-16-1)

【定員】
200名(先着順)
※港区内・区外の企業・大学・公的機関・NPO・自治体・個人等を含めて幅広くご参加可能です。

【参加費】
セミナー:無料 交流会:1,000円(当日お支払)

【申込方法】
申込期間:2018年10月2日(火)~10月25日(木)
電話/みなとコール 03(5472)3710 受付時間/9:00~17:00

<スケジュール>

1)13:00~13:25
講演者:株式会社ティファナ・ドットコム e-ビジネス事業部 AI戦略室 取締役 横山 洋太
講演テーマ:「AIさくらさん」によるインバウンド観光客向け人工知能接客システム

 インバウンド観光客の対応も可能な人工知能(AI)接客システム「AIさくらさん」を開発。音声認識・音声合成による対話や4カ国語に対応しているほか、ECサイトへの組み込みも可能。センシング技術との連携により、例えばビーコン等により施設内での行動を把握する、カメラ映像から年齢や性別、感情を読み取り接客対応をより最適なものへと変化させることも可能になる。

2)13:25~13:50
講演者:株式会社アクティバリューズ 代表取締役社長 陳適
講演テーマ:多言語AIチャットボット「talkappi」による旅マエ~旅アトへの訪日観光客サポート

 LINE・Facebook Messenger・WeChatに常駐する旅のコンシェルジュが旅マエ、旅ナカ、旅アトにわたり一貫して訪日外国人をサポートする。
宿泊施設、旅行会社、観光関連自治体等をターゲットに問合せ自動応対、予約受付、観光案内等のサービスを提供し、one to one マーケティング
を実現する。

3)13:50~14:15 
講演者:インタープレイテクノロジー株式会社 代表取締役 高橋 眞之助
講演テーマ:デジタルサイネージ・スマートフォンアプリ・TV連動STBと、IoT・AIを駆使したサービスパッケージ「InterPlayインバウンド」

 インバウンド訪日外国人向けに、デジタルサイネージを通じて、様々な情報やサービスを3Dアバターが多国語の音声で説明。またホテルの部屋や民泊施設への入室をテレビ連動STBが認識してモニター画面を自動表示。必要に応じてコールセンターからの対応もアバター経由で行う。AIエンジンは音声認識、音声合成、チャットボット、自動翻訳等のサービスを駆使。スマートフォンアプリでは観光ガイドレベルの観光情報を提供し、各観光スポットのリアルタイムガイドをオンデマンドでリモート提供する。

4)14:15~14:40 
講演者:株式会社スペースリー 代表取締役 森田博和、 株式会社PIJIN 代表取締役社長 松本 恭輔
講演テーマ:インバウンド観光対応の多言語VRコンテンツサービス

 VR製作クラウドソフト「スペースリー」とQRコードを用いた多言語表示サービス「QR Translator」を組み合わせたインバウンド観光対応の多言語

対応360度VR案内サービスの提供を開始した。実写の360度画像にテキスト情報や、平面図が盛り込むことが可能であり、駅や空港の乗換案内に
採用されるほか、様々な施設への提供を進めている。

5)14:40~15:05
講演者:株式会社Stroly
講演テーマ:位置情報に表現を与えるオンライン地図プラットフォーム「Stroly」

 Stroly(ストローリー)はイラストマップに位置情報を連動させることで、今いる場所のストーリーを体験できるイラストマップのオンラインプラットフォーム。ユーザーはキュレーションサイトの情報を見ているかのように楽しみながら、地図を閲覧・利用することができる。自分で書いた地図をStrolyでオンラインマップ化し、プラットフォームに投稿や公開も可能で、エリアや観光地などのブランディング強化につながる。

途中休憩 15:05~15:20

6)15:20~15:45 
講演者:株式会社SQUEEZE 吉田 幸平
講演テーマ:宿泊事業者向けの運用支援サービス「あんしんステイIoT」

 楽天コミュニケーションズ株式会社と連携し、安全で効率的な民泊運営を可能とするIoTサービス「あんしんステイIoT」を共同で開発した。鍵管理、宿泊者名簿作成、本人確認、騒音検知、宿泊者サポート、チェックアウト等の宿泊事業に関わる運用業務の大幅な効率化を実現する他、個人情報管理の運用コスト・次行リスクを低減し、民泊の普及を進める。

7)15:45~16:10
講演者:ペイサー株式会社 代表取締役 レオン メイ ダニエル
講演テーマ:最新!中華圏ソーシャルメディアトレンド ~インバウンド施策に最適なSNS活用とは~

 ペイメントやミニプログラム、多様なキャンペーン活用など、中華圏ソーシャルメディアの活用方法は単なる情報発信に留まらない。ブランド認知から購買までの各目的に応じて、WeChat、Weibo、Facebook、LINEなどの主要SNSの最適な活用方法を提案。

8)16:10~16:35 
講演者:株式会社アイ・エム・ジェイ 新規ビジネス開発室 事業開発プロデューサー 谷島 貴弘
講演テーマ:訪日中の旅行客にも情報発信が可能なインバウンドマーケティングサービス「wanokoto」

 訪日外国人にスマートフォン上で広告配信可能なプラットフォームを開発した。 独自データをもとに訪日に関心がある外国人を特定、位置情報を掛け合わせることで、旅マエ・旅ナカの判別を実現。 旅マエで月間約210万、旅ナカで月間約100万の外国人に情報発信が可能。

9)16:35~17:00 
講演者:WAmazing株式会社 代表取締役社長 加藤 史子
講演テーマ:無料SIMカードの提供と日本の観光情報発信による訪日観光客向けプラットフォーム「WAmazing」

 旅行者は、訪日旅行前に居住国でアプリの無料会員登録をすることで、日本滞在中に、無料SIMカード(15日間、500MB)を日本の主要空港で受け取ることができるプラットフォームを提供する。アプリ内では、日本旅行を楽しむために必要な日本国内の宿泊施設やアクティビティなどの予約手配や決済まで、ワンストップで行うことが可能。

※終了後、交流会

主催/港区産業・地域振興支援部 産業振興課 03(3578)2551
企画運営/株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)
協力/一般財団法人デジタルコンテンツ協会、芝信用金庫、西武信用金庫

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-------------- 当日開催イベント -------------

※「テクノロジーで社会・地域の課題を解決する「CIVIC TECH(シビックテック)」セミナー」を開催いたします。ブロックチェーンやオープンデータ等を用いた社会・地域課題解決に関わるイベントです。

ぜひ合わせてご参加ください。

URL:https://www.open-innovation-portal.com/topics/entry/civic_tech1029.html

20181016093819.png

【開催趣旨】

シビックテック(CivicTech)はITなどテクノロジー を活用して社会や地域の課題を解決するための取組であり、米国の「Code for America」を代表として世界的にも年々注目を高めており、日本でも様々な組織・人材による全国的な取組が営利・非営利を問わず活発化しています。

本セミナーでは、シビックテックの最新動向や、ブロックチェーン・オープンデータの活用など社会・地域の課題解決への取組事例を広く紹介します。ぜひご参加ください。

 

【講師】

アーバンデータチャレンジ実行委員/事務局 兼 東京大学 都市情報学 研究員 Civic Tech 講師

小俣 博司 氏

※NC制御、組み込み系ソフトウェア、デジタル信号処理からエンタープライズサービスまで長年にわたり幅広くソフトウェア開発を経験。 福井県鯖江市のオープンデータの取組を支援し、その後 Code for Japan のフェローとして福島県浪江町役場に勤務、 Androidタブレット事業に従事する。

現在は東京大学生産技術研究所特任研究員として研究に従事しながら、シビックテックやオープンデータ/オープンガバメントの普及に向けて精力的に活動している。 オープン川崎/Code for Kawasaki主宰、アーバンデータチャレンジ事務局なども務める。

 

【日時】

2018年10月29日(月)  10:30~12:00

 

【会場】
みなとパーク芝浦 2階学習室(港区芝浦1-16-1)

 

【定員】
30名(先着順)
※港区内・区外の企業・大学・公的機関・NPO・自治体・個人等を含めて幅広くご参加可能です。

 

【参加費】
無料

 

【申込方法】
下記からお申込みください。
http://www.minato-ala.net/guide/kenshu/seminar/2018/180926.html

※申し込み締め切り:2018/10/25

 

主催/港区産業・地域振興支援部 産業振興課 03(3578)2551
企画運営/株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)
協力/一般財団法人デジタルコンテンツ協会、芝信用金庫、西武信用金庫

最新情報

月別アーカイブ

RSS

技術・ノウハウを検索する

カテゴリーを選択

技術分野を選択

フリーキーワード

検索したい言語がある場合は入力。
空欄でも検索することができます。

掲載記事のお問い合わせ、技術相談など、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

株式会社キャンパスクリエイト
調布オフィス 担当:須藤 慎

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人 電気通信大学
産学官連携センター内[地図