トップページ > 企業の技術・ノウハウ > 株式会社C-INK/導電性金属ナノインク『DryCure(ドライキュア)』

企業の技術・ノウハウ

導電性金属ナノインク『DryCure(ドライキュア)』

資料

導電性金属ナノインク『DryCure(ドライキュア)』

組織名 株式会社C-INK
技術分野 ものづくり、ナノテクノロジー
概要 株式会社C-INKは、導電性金属ナノインク『DryCure』を製造しております。DryCure は金・銀ナノ粒子を主原料としたインクジェット印刷用インクで、ピエゾ方式、サーマル方式等のヘッドで安定的に吐出できます。DryCuerの印刷物は、120℃、1時間の加熱条件で良好な導電性を得ることができます。DryCureは非常に安定なインクで、未開封状態であれば6カ月保存することが可能です。DryCureは、印刷技術で電子デバイスを製造するプリンタブルエレクトロニクスに最適なインクです。
お問い合わせ

この技術・ノウハウに関するお問い合わせ

詳細

【簡略図】

20200831153659.png

【背景】

プリンテッドエレクトロニクスは、インク化した金属や半導体材料を印刷して製造した電子デバイスです。その中でも、必要箇所に必要量を塗布できるインクジェット印刷は、省資源化、低コスト化に有用です。プリンテッドエレクトロニクスの市場規模は、今後も大幅に増加すると予測されています。プリンテッドエレクトロニクスにご興味をお持ちの方、是非、C-INKのナノインクをお試しください。

【技術内容】

 株式会社C-INKは、インクジェット印刷用導電性金属ナノインク『DryCure』を製造しております。DryCureは、C-INKの独自技術(特許5833540号)により合成した金または銀のナノ粒子が主原料です。
DryCureは、ピエゾ方式やサーマル方式等のヘッドで安定的に吐出することができます。産業用インクジェットプリンターだけでなく、研究用や家庭用のインクジェットプリンターで吐出することが可能です。
 120℃、1時間加熱することで、DryCureの印刷物は良好な導電性を得ることができます。高温焼結が不要なので、耐熱性でない素材を基板として用いることが可能です。
 ナノ粒子は酸化されると凝集し、導電性が失われてしまいます。酸化によるインクの劣化を防ぐため、株式会社C-INKでは、ナノインクをガスバリア性の高い容器に封入して出荷しております。未開封であれば、出荷日から6カ月間、室温(4~25℃)で安定的に保存することができます。これらの特徴を持つDryCureは、プリンテッドエレクトロニクスに最適な導電材料といえます。

【技術・ノウハウの強み(新規性、優位性、有用性)】

1.安定吐出
 DryCure はピエゾ方式、サーマル方式、ザール方式のヘッドで安定的に吐出することができ、ノズル詰まりが生じにくいです。
2.高温焼結不要
 DryCure の推奨加熱条件は、120℃、1時間です。そのため、耐熱性でない素材を基板として用いることが可能です。また、写真用紙を基板として用いた場合は、室温乾燥で十分な導電性を発現することができます。
3.安定保存
 ナノ粒子の酸化を防ぐため、株式会社C-INKでは、ガスバリア性の高い容器にインクを充填して出荷しております。未開封状態での保証期間は、出荷日から6カ月となっております。

家庭用インクジェットプリンターを用いて、銀ナノインクを印刷しためっき下地(上)と銅めっきしたパターン(下)
20200831153442.png


4.めっき下地
 DryCure 印刷物は乾燥するだけで、めっき下地として使用することが可能です。めっき前の処理は、一切不要です。

【連携企業のイメージ】

(1)電子基板製造企業
(2)液晶パネル製造企業
(3)バイオセンサー製造企業
(4)プリンテッドエレクトロニクスに関心をお持ちの技術者

【技術・ノウハウの活用シーン(イメージ)】

DryCureを用いたアプリケーション例
 配線・電極の形成
 リペア
 バイオセンサー
 メタリック印刷
 電磁波シールド
20200831153302.jpg20200831153321.jpg

【技術・ノウハウの活用の流れ】
本技術の活用にご興味があればお気軽にお問合せください。

【専門用語の解説】

(プリンテッドエレクトロニクス(Printed Electronics))
 印刷技術を用いて、基板上に作成された電子装置。


(ナノインク)
 ナノメートル(nm)サイズの粒子が含まれたインク。

この技術・ノウハウに関するお問い合わせ

メールフォームのご利用は、以下の項目にご記入のうえ「送信する」ボタンを押してください。
担当者より折り返しご連絡いたします。
個人情報の取り扱いについては、こちらをご覧ください。

お名前(漢字表記)  名
お名前(ふりがな)  名
学校・会社・団体名 (例)株式会社キャンパスクリエイト
部署名 (例)営業部
郵便番号
都道府県
市区町村番地 (例)調布市調布ヶ丘1-5-1
建物名 (例)調布ビルディング1階
お電話番号 (例)042-490-5728
メールアドレス (例)sample@campuscreate.com
お問い合わせ内容

技術・ノウハウを検索する

カテゴリーを選択

技術分野を選択

フリーキーワード

検索したい言語がある場合は入力。
空欄でも検索することができます。

掲載記事のお問い合わせ、技術相談など、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

株式会社キャンパスクリエイト
調布オフィス 担当:須藤 慎

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人 電気通信大学
産学官連携センター内[地図