トップページ > 最新情報

最新情報

「朝日ビジネスマッチング~つなぐ力、きずく力~」に出展いたします(2014年10月21日開催)

2014年09月19日

来る20141021日(火)に、「朝日ビジネスマッチング2014」が 東京ドームホテル 地下1階全フロアにて開催されます。

キャンパスクリエイト出展しますので、是非お越しくださいませ。

 

【開催概要】

 地域社会の発展、異業種企業間の情報や意見、知見や技術の共有、交換する事でビジネスチャンスを広げ、深まる事を目的とした朝日信用金庫が主催する展示商談会です。

各企業の持つ優れた技術・製品等をお互いに広くPRし、様々なネットワークや、広域にわたる地域企業同士のネットワーク等を充分にご活用いただく「ビジネスチャンス創出の場」となります。

 ぜひビジネスフェアにご来場いただき、経営課題(製品・技術・販路・人材)の解決の場としてご活用ください。

 

【PR情報】

株式会社 キャンパスクリエイト

https://www.abm.asahi-shinkin.co.jp/match/company_pr/709/category

 

20140919164257.png20140919164410.png20140919164437.png20140919164537.png【日時】

2014年10月21日(火)10:00~17:00

 

 【会場】

東京ドームホテル 地下1階

http://www.tokyodome-hotels.co.jp/transportation/

 

【入場料】

無 料

 

【詳細】 

https://www.abm.asahi-shinkin.co.jp/

Japan Robot Week 2014に電気通信大学 長井隆行教授が出展します(2014年10月15日~10月17日)

2014年09月19日

来る20141015日(水)~17日(金)に、Japan Robot Week 2014が東京ビックサイトにて開催されます。

 

現在、介護・福祉ロボットや災害対応ロボットなどのサービスロボット分野は、21世紀を担う新産業として国内外より多くの注目を集めています。

経済産業省や厚生労働省では、高齢者の自立支援、介護実施者の負担軽減を可能とするロボット介護機器の開発・導入に向けて積極的に取り組んでいます。

併せて、橋やトンネル等の社会インフラの点検・補修用のロボットや、災害現場で活躍するロボットなどの開発も進められています。

 

Japan Robot Week 2014は「国際ロボット展」の隔年に開催するサービスロボットやロボット関連技術の専門展として、東京ビッグサイトにて開催いたします。  

会期中は、大学・研究機関の合同展示などサービスロボットに関連する企画も行い、商談と技術交流を目的に開催されます。  

 

今回は、電気通信大学から長井隆行教授がブース出展いたします。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

長井隆行教授研究室

http://apple.ee.uec.ac.jp/isyslab/index.html

 

【会期】

20141015日(水)~17日(金)

 

【開催時間】

全日10001700

 

 【会場】
東京ビックサイト(国際展示場)東3ホール

 

【入場料】

 一般:1,000

 学生・団体(15名以上):無料

 ※事前登録者及び招待券持参者は無料

 

【詳細】

http://www.nikkan.co.jp/eve/s-robot/

 

TAMA新技術説明会にて、電気通信大学 坂本真樹准教授が発表します(2014年10月6日)

2014年09月19日

2014年10月6日(月)に、一般社団法人首都圏産業活性化協会(TAMA協会)と科学技術振興機構(JST)主催による
TAMA 新技術説明会」が開催されます。
ライセンス・共同研究可能な技術(未公開特許を含む)を発明者自ら発表し、広く実施企業・共同研究パートナーを
募ります。
分野は、「環境、計測、制御、情報、感性、バイオ、エネルギー」です。
 
20140919153423.png20140919153728.png
 
 
 
今回、15:10より電気通信大学・坂本真樹准教授の
「擬音語・擬態語の意味を比喩と五感との関係で把握する2つの手法」を発表いたしますので、
是非ご参加下さい。
 
-坂本真樹准教授による新技術の概要-
 音象徴語(擬音語・擬態語)が表す意味を五感や感性に関わる多次元で数値化する特許技術を拡張し、
比喩との結びつきによる意味の絞り込み(新技術1)や、音象徴語がどの五感領域にどの程度関連する
のかを可視化する技術(新技術2)である。
詳細
 http://jstshingi.jp/abst/2014/TAMAkyokai/program.html#4
 
【日時】
2014年10月6日(月) 13:00~17:15

【場所】
中野サンプラザ 13階 スカイルーム(東京・中野区)
164-8512 東京都中野区中野4-1-1
http://jstshingi.jp/TAMAkyokai/2014/access.html

「ものづくり・IT×先端デザイン 産学連携交流会 in 芝浦工業大学」を開催いたします。(10月3日(金))

2014年09月09日

平成26年10月3日(金)、芝浦工業大学 芝浦校舎にて「ものづくり・IT×先端デザイン 産学連携交流会 in 芝浦工業大学」を開催いたします。
製品構想のサービスデザイン設計から、製品の意匠性デザインを高めるプロダクトデザイン、製品の技術力を高めるエンジニアリングデザインなど、製品開発の様々なフェーズにおいて活用可能なデザイン工学技術をご紹介いたします。
ものづくり・IT企業、製品開発にデザインを活用されている方、デザイン工学技術に興味がある方、デザイナーの方など、是非ご参加くださいませ。

(印刷・FAX送付用データは下記よりダウンロードください)

パンフレットデータ(PDF)

20140909134912.png20140909134937.png

【開催趣旨】
芝浦工業大学では2009年にデザイン工学部を開設し、「使いやすさや美しさを考えた、人にやさしいデザイン」「デザイン性と高度なエンジニアリング力を兼ね備えた世界をリードする新商品の開発」を目指して研究を進めています。
本セミナーでは、プロダクトデザイン領域から「エモーショナルデザイン」「ユーザー中心設計デザイン」「サービスデザイン手法」「感性インタラクションデザイン」、エンジニアリングデザイン領域から「最新のプロセスデザイン」「モーショントラッキング」「モーションコントロール」に関する最新の研究テーマのご紹介と「研究室デモツアー」を行い、ものづくり・IT企業が先端的なデザイン工学技術を活用して付加価値の高い製品開発に繋げることを目指して開催します。

【日時】
平成26年10月3日(金) 13:00~17:00 (交流会:17:10~)

【会場】
芝浦工業大学 芝浦校舎 8階セミナー室(港区芝浦3-9-14)

【定員】
100名(先着順)
※港区内・区外の企業・大学・公的機関・NPO・自治体・個人等を含めて幅広くご参加可能です。

【参加費】
 無料(交流会参加費:1,000円 当日お支払)

【申込方法】
申込期間:平成26年9月11日(木)~10月1日(水)
Web申込:下記ページからお申し込みください。

Web申込ページ(リンク)

(Web申込先:芝浦工業大学 産学官連携・研究支援課)
電話/みなとコール 03(5472)3710 受付時間/9:00~17:00

【スケジュール】
1)13:00~13:05 開会
    
2)13:05~13:35 
「お客様に喜ばれる少量製品製作向け最新プロセスデザインの研究」
表面デザイン工学研究室 戸澤 幸一 教授
研究テーマ:
デザインを忠実に再現する表面デザイン生産技術の研究、
電気自動車など環境商品の新生産技術の研究、
新製品を支える高精度加工技術/製造技術の研究 など。        

3)13:35~14:05 
「エモーショナルデザイン~魅力的なものづくりについて~」
エモーショナルデザイン研究室 橋田 規子 教授  
研究テーマ:
長く愛される浴室椅子のデザイン開発、開けやすい食品用びん容器の形状研究と提案 など。
      
4)14:05~14:35 
「ユーザーエクスペリエンスデザイン」
ユーザーエクスペリエンスデザイン研究室 吉武 良治 教授 
研究テーマ:
ベルソナ・シナリオ法を用いたユーザー体験の可視化、
モバイル機器の使いやすさ及び効果的なインタフェース など。 

5)14:35~15:05
「サービスをデザインする方法」
製品計画研究室 古屋 繁 教授
研究テーマ:
おもてなしのデザイン、「期待」から考えるサービスデザイン など。

☆☆  休憩 15:05 ~ 15:15  ☆☆

6)15:15~15:35 
「感性科学によるインタラクションデザイン」
感性インタラクションデザイン研究室 梁 元碵 准教授
研究テーマ:
使用済みスマートフォンを活用した高齢者専用のコミュニケーション方法に関する研究、
製品インタフェースデザインにおける色彩の役割と使用に関する研究、
インタラクティブ製品のユーザー経験の一貫性を維持するためのデザイン研究 など。

7)15:35~15:55 
「モーショントラッキング」
ロボットシステムデザイン研究室 佐々木 毅 准教授
研究テーマ:
空間に配置したセンサを用いた空間観劇、
知能化された空間におけるヒューマンインタフェース、
RT(Robot、Technology)ミドルウェアを用いたロボットシステムのインテグレーション など。

8)15:55~16:15 
「モーションコントロール~先端制御技術による多自由度機械の制御~」
モーションコントロール研究室 島田 明 教授
研究テーマ:
人間型クライミングロボット、風の影響まで考えた小型飛行船のロバスト制御技術、
形も硬さも未知な物を優しく掴むロボットハンド、
セグウェイ型移動ロボットによる俊敏で知能的な移動制御技術 など。
   
<研究室デモツアー> 16:15~17:00
~講演者の研究室紹介、サンプル展示、デモンストレーション等、グループ分けしてご見学いただきます!~

<交流会> 17:10~

主催/港区産業・地域振興支援部 産業振興課 03(3578)2551
共催/芝浦工業大学
企画運営/株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)
協力/公益財団法人日本デザイン振興会、西武信用金庫

イノベーション・ジャパン2014出展情報(9月11日、12日)

2014年08月08日

2014年9月11日(木)、12日(金)、東京ビッグサイトにて開催する「イノベーション・ジャパン2014 ‐大学見本市‐」において、当社が技術移転を進めている研究をご紹介します。

1)電気通信大学 情報理工学研究科 先進理工学専攻  範 公可 准教授

   研究テーマ:データ検索を100万倍以上高速にするDBPプロセッサー

 https://www.ij2014.com/inv2014/jp/disp.php?lang=jp

【出展の概要】

出展の概要(出展技術の概要)
CPU、GPU、DSPなどの従来型プロセッサーにとってメモリ上の情報を探し出す処理つまり検索、照合、認識などの負担は極めて大きい。従って現在のコンピュータが誕生以来従来型プロセッサーの負担を軽減するための利用技術でこの弱点を補ってきた。従来型プロセッサーの処理速度が限界に達した今日、より高速、より精度よく検索、照合、認識などを実現するための新しいハードウエアアーキテクチャが不可欠である。このような背景から筆者らは、探し出す情報を記憶したメモリ自身が情報探しをする、全く新しい発想のハードウエアアルゴリズムのメモリ型コンピューティングを提案してきた。この技術はビッグデータへの実用化の見通しを得た。

(想定される活用例)
・超高速データベース_x000D_
・超高速データマイニング_x000D_
・ゲノム解析・たんぱく質構造解析

2)電気通信大学 大学院情報システム学研究科 情報メディアシステム学専攻  野嶋 琢也 准教授

  研究テーマHairlytop Interface~毛をモチーフにしたやわらかいインターフェース

https://www.ij2014.com/inv2014/jp/disp.php?lang=jp

出展の概要(出展技術の概要)
Hairlytop Interfaceは形状記憶合金(SMA)を使った,細く柔軟なアクチュエータの集合体です。
各アクチュエータは、SMA入りの細いシリコンチューブの毛状部分と,小型駆動回路から構成されており,毛状部分の柔らかな,生き物らしい動きが特徴となっています。毛状部分の直径は約3mm,重さは約1g/本と細く軽量であり,1本1本に光センサが搭載され,光の強弱を通じた独立動作制御が可能です。その利用方法としては,1.多様な人工物にふわふわの毛皮や尻尾として実装し,その動作を通じて雰囲気や感情を表現するEmotional Media,2.舞台の床や壁面をHairlytop Interfaceで敷き詰め,その全体の動きを制御することで雰囲気を創りあげる物理特殊効果のための装置といったものが想定されます。

(想定される活用例)
【イベントステージの物理特殊効果】

床・壁全面をHairlytop Interfaceで埋め尽くし,シーンに合わせて一斉に踊る。

【スマートホン用アクセサリ】

スマホ内キャラクタの感情をHairlytop Interfaceの動作で表現。

【教育玩具】

光以外の多様なセンサを利用し,各種物理現象をHairlytop Interfaceの動きで表現.

3)豊橋技術科学大学 工学部機械工学系 三浦 博巳教授

  研究テーマ:生体材料に適合する高強度・低弾性純チタン材の開発

~The development of compatible high-strength,low elastic modulus pure titanium material for biomaterial

https://www.ij2014.com/inv2014/jp/disp.php?lang=jp

出展の概要(出展技術の概要)
多軸鍛造による巨大ひずみ加工を行い、純チタン(2種)の結晶粒をナノ結晶化することにより、純チタンの高強度化(1GPa)と人骨に負担がかかりにくい低弾性率化(ヤング率64GPa)を達成しました。さらに、この材料は従来の純チタンの1.5倍の耐摩耗性を有しています。
もともと生体適合性が高い純チタンであるため、歯科用インプラント等の生体材料への適用が可能です。また、純チタンの高耐食性や切削加工性はそのまま保持しているため、軽量構造材として様々な機器、スポーツ用品等への利用が期待できます。

(想定される活用例)
・インプラント等の生体材料
・軽量化を必要とする各種機器の構造材
・スポーツ用品の部材


(開催情報)
イノベーション・ジャパン2014
http://www.open-innovation-portal.com/topics/entry/201493_13001700.html

前のページ2 > 3 > 4 > 5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11

最新情報

月別アーカイブ

RSS

技術・ノウハウを検索する

カテゴリーを選択

技術分野を選択

フリーキーワード

検索したい言語がある場合は入力。
空欄でも検索することができます。

掲載記事のお問い合わせ、技術相談など、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

株式会社キャンパスクリエイト
調布オフィス 担当:須藤 慎

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人 電気通信大学
産学官連携センター内[地図