トップページ > 最新情報

最新情報

電気通信大学のビッグデータ基盤技術紹介と公的プロジェクト獲得に向けたマッチングセミナー(3/19(水)13:00~)

2014年03月03日

2014年3月19日(水) 国立大学法人電気通信大学にて「電気通信大学のビッグデータ基盤技術紹介と公的プロジェクト獲得に向けたマッチングセミナー」を開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

20130304_A4reaf__ページ_1.pngbigdata_seminar_ページ_2.pngパンフレットのダウンロードはこちら(PDF)

【開催趣旨】
国立大学法人電気通信大学は、平成25年度に文部科学省・研究大学強化促進事業の支援対象機関として採択を受け、来たる時代における重要技術課題の研究力強化に取り組んでいます。
本学はビッグデータ基盤技術ならびに関連するM2M・無線通信技術の分野において世界的に優れた技術シーズを保有しており、その実用化を果たすために、企業との連携のもと公的プロジェクトを獲得し、研究シーズを実用レベルの段階まで育成することが重要であると考えています。
本セミナーでは、本学の特選した先端シーズを紹介し、研究開発/実用化のパートナーとなる企業との産学連携のマッチングを図り、今後の公的プロジェクト獲得へ繋ぐことを目的として開催します。

【開催日】
2014年3月19日(水) 13:00~17:00 (交流会:17:00~18:00)

【場所】
国立大学法人電気通信大学 B棟2階会議室 
〒182-8585 東京都調布市調布ヶ丘1-5-1

【定員】
250名(先着順)

【参加費】
無料(交流会:1,000円)

【申込方法】
下記連絡先E-Mail宛に必要事項ご記入の上、お申し込みください。
申込締切:2014年3月18日(火)
必要事項:
1)社名・団体名
2)所属
3)氏名
4)参加者数
5)住所
6)連絡先
7)交流会参加の有無

株式会社キャンパスクリエイト オープンイノベーション推進室 須藤、高橋
TEL:042-490-5728
E-Mail: open-innovation@campuscreate.com

【スケジュール】
13:00~13:05 
開催挨拶
=国立大学法人電気通信大学 産学官連携センター長 中嶋 信生=

13:05~13:25 
NEDOの公的支援制度の紹介と平成26年度の方針
=独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構 技術開発推進部 主幹 吉岡 恒=

13:25~13:45 
JSTの公的支援制度の紹介と平成26年度の方針
=独立行政法人科学技術振興機構 産学共同開発部 調査役 菊地 博道=

13:45~14:20 
データ検索を従来の100万倍以上高速化可能なメモリ型コンピューティング
=大学院情報理工学研究科 先進理工学専攻 範 公可 准教授=

※2012年IEEE最優秀論文賞を受賞したメモリ型コンピューティング技術はCPUの最も苦手な処理、情報検索をメモリに肩代わりさせる技術である。この技術により、データベースのデータ検索は従来技術と比較して100万倍以上も高速となり、低消費電力で情報処理をシンプルにすることができる。

14:20~14:55 
アプライアンス主導型ユビキタスセンサネットワークシステム"ADUN"
=大学院情報理工学研究科 総合情報学専攻 市川 晴久 教授=

※アプライアンス(端末)の無線インタフェースにネットワーク側が自動適応することにより、無線インタフェースの標準化が不要なアプライアンス主導型ネットワーク"ADUN(アドゥン)" を研究している。ADUNは、高速大容量化するネットワークと大規模なコンピュータパワーを駆使して生活空間をネットワークにアクセス可能とし、ソフトウェア無線技術により、多様な無線方式の端末のネットワーキングを可能にする。

休憩 14:55~15:10

15:10~15:45 
セキュアなM2Mの実現に向けた無線ネットワークによる機器間認証とアプリケーション
=大学院情報理工学研究科 情報・通信工学専攻 佐藤 証 教授=

※PUF(Physical Unclonable Function)と近距離無線を融合したデバイス技術を確立し認証ネットワークシステムを構築することで、M2Mシステムのセキュリティ性を高め、スマートヘルスケアやトレーサビリティ向け模倣品対策などビッグデータ分野の新しいアプリケーションを開拓できる。

15:45~16:20 
ソーシャルメディアとGISの統合による環境防災分野におけるリスクコミュニケーション・サービス
=大学院情報システム学研究科 社会知能情報学専攻 山本 佳世子 准教授=

※GISが本来持つ情報解析機能、情報提供・共有化機能に加えて、ソーシャルメディアとの統合により新たに可能になったコミュニケーション機能に焦点を当てて、主に環境防災分野での利用を想定したソーシャルメディアGIS を研究開発している。

16:20~16:55 
ビッグデータであなたの睡眠を改善する ~パーソナルデータに基づくコンシェルジュサービス介護支援~
=大学院情報理工学研究科 総合情報学専攻 髙玉 圭樹 教授=

※我々は毎日何らかの行動をして眠る。このようなパーソナルデータは蓄積するだけでビッグデータとなり、そこから新たな知識をマイニングすることが可能となる。本講演では、日頃の生活行動から深い睡眠を導くライフスタイルを設計するデータマイニングの手法を紹介し、その可能性について議論する。

16:55~17:00 
閉会挨拶

※終了後交流会(デモ展示等あり)

主催:国立大学法人電気通信大学 産学官連携センター
企画運営:株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)

「ICT・コンテンツを活用したビジネスチャンス発掘セミナー(第2回)」を開催いたします。(3月7日(金) 18:00~)

2014年02月20日

「3月7日(金) 18:00~」より、中野区産業振興拠点「ICTCO(イクトコ)」にて「ICT・コンテンツを活用したビジネスチャンス発掘セミナー(第2回)を開催します。
新たなビジネスを生み出すことを目指して、先端企業の最新の技術動向や成功の秘訣等をご紹介します。
第2回は、クリエイティブ産業をテーマとして、クールジャパン分野・インバウンド観光分野・クリエイター向けクラウドファンディングの最前線をご紹介します。
是非ご参加ください。

※第1回は「2月21日(金) 18:00~」よりICTCOにて開催いたします。
http://www.open-innovation-portal.com/topics/entry/ict221_1800.html

tirashi_ページ_1.pngパンフレットのダウンロードはこちら(PDF)


(セミナーのポイント)

□東京オリンピックの決定にともなって更なる成長市場として期待されているクールジャパン分野・インバウンド観光分野の最新動向・マーケティング手法をご紹介します。
□起業家の資金調達を支援するクラウドファンディングのご説明・事例紹介を行います。
□ICT・コンテンツ分野の方はもちろん、地域のまちづくり・観光産業に携わっている「サービス業」の方や、ポップカルチャーにご興味をお持ちの方にも大変参考になる内容として企画しています。


開催日:2014年3月7日(金) 18:00~20:00

場所:ICTCO(イクトコ)  中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト1階北西角

 ※中野区では、2013年11月、中野区産業振興拠点としてビジネス・マッチング・スペース「ICTCO」を立ち上げました。
  ICTCO Facebook: https://www.facebook.com/nakano.ictco

定員:30名(先着順)

対象者:ICT・コンテンツを活用した新ビジネス創出に興味のある事業者
 ※区内外の方を含めて幅広くご参加可能です。

参加費:無料

申込方法:
 事前申込制です。パンフレット裏面のFAX申込書をご記入いただき、FAXいただくか、
 下記のアドレスまで企業名・氏名・住所・電話番号を添えて、
 「ICT・コンテンツを活用したビジネスチャンス発掘セミナー(第1回)にご参加される旨をEメールにてご連絡ください。
 メールアドレス:seminar@ictco.jp

内容:

1)関東経済産業局 情報政策課長 北原 明
テーマ名:クリエイティブ産業の強みを結集した経済産業省のクールジャパン推進戦略

2013年11月25日、375億円の出費金を基に発足した官民ファンド「クールジャパン推進機構」を皮切りに、経済産業省では、国内のクリエイティブ産業の強みを結集して海外で「大きく稼ぐ」ことを目的とし、公的資金の支援やクリエイティブ産業に従事する事業者の連携ネットワーク構築(CMT)の立上げに力を入れている。全国で開催しているクールジャパン・マッチンググランプリや、企業連携によるCMTプロジェクトチームの形成など、クールジャパン推進に係る最新動向・事例について紹介する。

2)株式会社やまとごころ 代表取締役社長 村山 慶輔
テーマ名:東京オリンピック・ポップカルチャー文化を生かした年間1000万人超の訪日外国人旅行者に対するインバウンドマーケティング

「日本のインバウンドをもっと熱くする」をポリシーとし、国内最大級のインバウンドビジネスプラットフォーム「やまとごころ.jp」を立ち上げるほか、インバウンドビジネスに関するマーケティング支援を行う。インバウンド観光分野は、2013年に訪日観光客1000万人を超える大幅な成長を遂げており、東京オリンピック決定にともなって更なる市場成長が期待されている。本セミナーでは特に、東京オリンピックとポップカルチャー文化を生かしたインバウンドマーケティング手法について解説する。

3)株式会社MotionGallery 代表取締役社長 大高 健志
テーマ名:クリエイターの挑戦を支援するクラウドファンディングサイト「Motion Gallery」

映画・アートなどクリエイティブ産業に強みを持つクラウドファンディングサイト「MotionGallery」は、ハーブ&ドロシー ふたりからの贈りもの」において、1400万円以上と日本最高記録の資金調達を実現した。
クラウドファンディングを通して、優れた技量とアイディアを持つクリエイターの挑戦を支援するとともに、日本のポップカルチャー文化の海外展開と地域の魅力発信を両立した事例を創出している。

他、質疑応答、名刺交換等

主催:中野区

共催:一般社団法人中野区産業振興推進機構、東京商工会議所中野支部、中野工業産業協会

企画運営:株式会社キャンパスクリエイト

ICT・コンテンツを活用したビジネスチャンス発掘セミナー(第1回)を開催いたします。(2月21日(金) 18:00~)

2014年02月11日

「2月21日(金) 18:00~」より、中野区産業振興拠点「ICTCO(イクトコ)」にて「ICT・コンテンツを活用したビジネスチャンス発掘セミナー(第一回)を開催します。
新たなビジネスを生み出すことを目指して、先端企業の最新の技術動向や成功の秘訣等をご紹介します。
第1回は、ICT・コンテンツを活用した新ビジネスがテーマです。大企業とのビジネス関係の構築や、新たなビジネスの創出、今後の事業展開を拡げるチャンスです。是非ご参加ください。

20140210チラシ両面_ページ_1.png

パンフレットのダウンロードはこちら(pdf)


(セミナーのポイント)
□優れた技術を基にした先端企業の事例をご紹介します。
□大企業からベンチャー企業・起業家まで、多様な連携のもとに新サービスを生み出すことを目指します。
□ICT・コンテンツ開発・ヘルスケア・高齢者支援・まちづくり・観光・防災・海外展開・店舗販促・教育など、様々な分野の方が対象となります。

開催日:2014年2月21日(金) 18:00~20:00

場所:ICTCO(イクトコ)  中野区中野4-10-1 中野セントラルパークイースト1階北西角

 ※中野区では、2013年11月、中野区産業振興拠点としてビジネス・マッチング・スペース「ICTCO」を立ち上げました。
  ICTCO Facebook: https://www.facebook.com/nakano.ictco

定員:30名(先着順)

対象者:ICT・コンテンツを活用した新ビジネス創出に興味のある事業者
 ※区内外の方を含めて幅広くご参加可能です。

参加費:無料

申込方法:
 事前申込制です。パンフレット裏面のFAX申込書をご記入いただき、FAXいただくか、
 下記のアドレスまで企業名・氏名・住所・電話番号を添えて、
 「ICT・コンテンツを活用したビジネスチャンス発掘セミナー(第1回)にご参加される旨をEメールにてご連絡ください。
 メールアドレス:seminar@ictco.jp

内容:

1) 凸版印刷株式会社 新市場開発プロジェクト 安間 光
テーマ名:ヘルスケア・高齢者支援・防災支援等の新コンテンツサービス創出を支援する統合型生活情報サービスプラットフォーム

「総務省ICT街づくり推進事業」に採択された「新時代葛城クリエーション推進事業」では、地域のコミュニティ再生・健康支援・高齢者対策・防災対策・行政サービス・エネルギー管理等を包括した統合型生活情報サービスプラットフォームを開発している。開発中のプラットフォームを基に、新しいアイディアやコンテンツを持つベンチャー企業等と連携し、他地域への展開を目指す。

2)エポネット株式会社 代表取締役社長 丸田 一
テーマ名:ジオアプリを活用した新しい位置情報サービスの創出とスマートグラスとの連動による街あるき観光

利用者の位置情報や行動情報をもとにサービスを組立てる「ジオアプリ」を採用することで、コンテンツ・IT企業は、位置情報を活用した新サービスを廉価に開発することができる。ジオアプリを応用したスマートフォンARアプリ「おもてナビ」は、近年注目されている「スマートグラス(メガネ装着型のウェアラブル端末)」と組合せることで、完全ハンズフリーの街歩き観光を実現した。「おもてナビ」は観光に限らず、地域の福祉・防災・避難、さらには事業の地域展開などにも応用でき、自治体や企業での導入が進んでいる。

3)グリッドマーク株式会社 代表取締役社長 吉田 健治
テーマ名:印刷物に見えない情報を埋め込むドットコード技術と多様なサービス展開

平成25年度全国発明表彰にて発明賞を受賞。見えないドットコード"Grid Onput"は、極小のドットによって構成される新しい二次元コードであり、印刷物に見えない情報を埋め込むことが可能。観光・教育・広告・店舗販促等、幅広い分野へ展開するため、企業とのビジネス連携による新しいコンテンツサービスを創出する。

4)八楽株式会社 取締役COO 湊 幹
テーマ名:Webサイト・スマートフォンアプリの海外展開を支援する多言語翻訳ソリューション

人間翻訳と機械翻訳を組合せた多言語翻訳ソリューション「World Jumper」を開発・販売するベンチャー企業。2013年11月より、Webサイトの機械翻訳を無料で提供するサービスを開始。また、スマートフォンアプリの海外展開を支援するため、アプリ翻訳を低価格かつ短納期で実現するサービスを開始した。外国人観光客の集客力向上のニーズがある地域観光施設や店舗・ホテル等での導入も進んでいる。

他、質疑応答、名刺交換等

主催:中野区

共催:一般社団法人中野区産業振興推進機構、東京商工会議所中野支部、中野工業産業協会

企画運営:株式会社キャンパスクリエイト

先端IT技術が拓く新ビジネス創出セミナー2014を開催いたします。(2月20日)

2014年01月31日

平成26年2月20日(金)、港勤労福祉会館にて「先端IT技術が拓く新ビジネス創出セミナー 2014」を開催いたします。
無線通信分野・アプリケーション分野・デジタルものづくり分野における「特選の最先端技術・事例」を8件ご紹介いたします。
ITを共通点とつつ、今まで知りえなかった多種多様な最先端技術・事例について触れ、「ビジネスの発想の枠」を広げることで、新しいビジネス連携のきっかけを作ることを目的とします。
是非ご参加くださいませ。


(印刷・FAX送付用データは下記よりダウンロードください)
先端IT技術が拓く新ビジネス創出セミナー.pdf

it2014_omote.pngsentan_it2014_ページ_2.png
【開催趣旨】

「世界最先端IT国家創造宣言」の公表に伴い、IT技術は日々発展・進化し、活用用途が拡大しています。
本セミナーでは、今後のIT産業の変革を促す「特選の最先端技術・事例」として「O2Oの新ソリューションとなる単価300円のBeaconモジュール」 「ホワイトスペースが利用可能なタブレット端末」などの次世代無線通信、「スマートウォッチ」「音声認識」「音楽視聴支援システム」などの次世代アプリケーション、「ファブラボ」「超高速3次元スキャナ」「3Dプリンタの活用ノウハウ」などの次世代デジタルものづくりをご紹介し、企業間連携を推進するこ とで、新ビジネスの創出を目指します。


【開催日時】 
 平成26年2月20日(金) 13:20~17:00

【会場】 
 港勤労福祉会館 (港区芝5丁目18番2号)

【定員】
 80名(先着順)
※港区内・区外の企業・大学・公的機関・NPO・自治体・個人等を含めて幅広くご参加可能です。

【参加費】
 無料

【申込方法】
 申込期間:平成26年2月1日(土)~2月19日(水)
電話/みなとコール 03(5472)3710 受付時間/9:00~17:00
FAX/03(5777)8752 ※ファックス申込書は上記データからダウンロードください。


<スケジュール>
1)13:20~13:45 
「Beaconモジュールを用いた新マーケティング手法でのO2Oビジネスを効果的に実現」
 株式会社アプリックス 営業&DBC本部  今井 環 氏
 
単価300円という手軽に使えるセキュリティ強化版のBeaconモジュールを開発したことにより、クーポン発行やポイント付与等に使えるだけでなく、成りすましや誤用、不正利用を防ぐ事が可能に。アプリックスのBeaconモジュールを活用して、ネットと実店舗が連携するO2Oビジネスをより効果的に実現できる活用事例等を紹介する。

     
2)13:45~14:10 
「テレビ放送帯の''ホワイトスペース''が利用可能な携帯型タブレット端末」
 独立行政法人情報通信研究機構 スマートワイヤレス研究室 松村 武氏
 
独自に開発した小型周波数変換装置を市販のタブレット端末に組み込み、世界で初めてテレビ帯ホワイトスベース(470~710MHz)で動作できる携帯型タブレット端末の開発に成功した。この端末は、2.4GHz帯及びテレビ放送帯のいずれでも通信可能で、NICTが開発したホワイトベース無線基地局を介してインターネットへのアクセスが可能。

3)14:10~14:35 
「リアルライフをサポートするスマートウォッチが日常を変える」
株式会社ヴェルト 代表取締役CEO 野々上 仁

 
  スマートフォンを介したウェアラブル製品と関連ソフトウェアサービスを開発・販売する2012年創業のベンチャー企業。今主流のディスプレイ型ではない、デザインと直感的な利用を重視した日本発のスマートウォッチを開発中。現在、販売中の米国製Martian Watchesは、アナログフェイスのスマートウォッチデバイスとして、世界最大規模の家電製品見本市である「2013インターナショナルCES」で最も注目された人気製品として受賞。

4)14:35~15:00
「音声認識技術の応用アプリケーションと新ビジネス」
 株式会社アドバンスト・メディア クラウド事業部 坂口 穀雄 氏

音声認識技術として、事前学習の問題やスピードの変化、イントネーション、アクセントの問題に対し、実用のレベルまで踏み込めた世界で唯一の音声認識技術を持つベンチャー企業。音声認識アプリケーションの用途をスマートテレビ・スマート家電・車両・医療等を代表に急拡大させている。

           ☆☆  休憩  15:00 ~ 15:20  ☆☆

5)15:20~15:45
「ウェブ上の音楽コンテンツの関係性を可視化する音楽視聴支援システム「Songrium」」
 独立行政法人産業技術総合研究所 情報技術研究部門 濱崎 雅弘 氏

 「Songrium(http://songrium.jp)」は、ニコニコ動画やYouTubeといった動画共有サービス上にある60万件の音楽コンテンツの関係性を可視化することで、ユーザーに音楽のつながりを意識した新しい音楽鑑賞体験を提供する音楽視聴支援サービス。Webマイニング技術による派生作品の自動抽出や、音楽理解技術による楽曲中のサビ区間の自動推定などにより、新しい音楽コンテンツとの出会いを支援。

6)15:45~16:10 
「デジタルファブリケーションの普及とファブラボの国内外の最新動向・取組事例」
 ファブラボジャパンネットワーク 門田 和雄氏

3Dプリンターやレーザーカッター等のデジタルファブリケーション機器を備えた実験的市民工房のネットワーク「ファブラボ」は、世界50ヶ国・200ヶ所以上にまで普及しており、2013年には、第9回世界ファブラボ会議国際シンポジウムが日本(横浜)で開催された。日本ではFabLab Japan Networkがネットワークハブとして主導し、普及促進している。

7)16:10~16:35 
「超高速・高密度・小型・廉価な3次元スキャナと新たな市場展開

 株式会社セイコーウェーブ 新村 稔

米国ケンタッキー大学開発の構造化光法アルゴリズムと日本の光学技術を結集した3次元スキャナーを開発・販売するベンチャー企業。30万画素の点群生成に必要な計測時間0.3秒、点群化に3秒という高速化を達成している。
現在、環境安全性の飛躍的向上に資する腐食解析向けに製品展開中。ものづくり、医療向けにも応用を開拓。

8)16:35~17:00
「3Dプリンタの活用拡大・品質向上に向けて

 富士通株式会社 ものづくり推進本部 エグゼプロエンジニア 松下 直久

富士通では3Dデータを活用した効率的なものづくりの一環として、積層造形法の代表例である光造形を活用した試作品製造を行ってきている。これらの経験を踏まえて、最近注目をあびている3Dプリンタの活用分野の拡大や造形品質の向上に向けて必要な事柄について紹介する。

※終了後、講師との交流

主催/港区産業・地域振興支援部 産業振興課 03(3578)2551
企画運営/株式会社キャンパスクリエイト(電気通信大学TLO)
協力/西武信用金庫

彩の国ビジネスアリーナ2014のご案内(1月29日~30日)

2014年01月28日

 平成26年1月29日(水)~30日(木)、さいたまスーパーアリーナにて「彩の国ビジネスアリーナ2014」が開催され、国立大学法人電気通信大学ブースにて沼尾研究室、石川研究室、冨田研究室のシーズを展示致します。

 皆様のご参加を心よりお待ちしております。

彩の国ビジネスアリーナ2014 公式HP
http://bizmatch.saitama-j.or.jp/


【研究テーマ1】
プライバシーに配慮した居住者見守りシステムのためのRFIDタグによる姿勢検出システム

(研究者)

電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・通信工学専攻
教授 沼尾雅之

(技術の概要)
電源不要、小型、軽量、安価なRFIDタグを活用して転倒などの異常状態を検出する、プライバシーを考慮した居住者モニタシステムを紹介する。 


【研究テーマ2】
セットベース設計手法

(研究者)

電気通信大学 大学院情報理工学研究科 知能機械工学専攻
教授 石川 晴雄

(技術の概要)
初期設計~詳細設計まで多目的満足解が得られる。
開発期間短縮、コスト削減が可能な他、熟練者のノウハウを"見える化"し、技術の
伝承も可能にする。


【研究テーマ3】
表面に周期構造が形成された太陽電池基板における太陽光の電力透過係数の解析

(研究者)
電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・通信工学専攻
冨田 正治 准教授

(技術の概要)
太陽電池素子を構成する基板表面に周期構造が形成された場合、最小二乗法的モード整合法を適用。太陽光の電力透過係数が適切な周期構造を形成すれば、電力透過係数は太陽光の全スペクトル帯域に亘って増加することが判明した。


【出展区分】
 支援機関・その他

【ブース番号】
 M-31

出展社一覧は下記URLを参照ください。
http://bizmatch.saitama-j.or.jp/list/search.php

前のページ5 > 6 > 7 > 8 > 9 > 10 > 11 > 12 > 13 > 14

最新情報

月別アーカイブ

RSS

技術・ノウハウを検索する

カテゴリーを選択

技術分野を選択

フリーキーワード

検索したい言語がある場合は入力。
空欄でも検索することができます。

掲載記事のお問い合わせ、技術相談など、お気軽にご相談ください。

メールでのお問い合わせ

株式会社キャンパスクリエイト
調布オフィス 担当:須藤 慎

〒182-8585
東京都調布市調布ヶ丘1-5-1
国立大学法人 電気通信大学
産学官連携センター内[地図